フリーターはボーナスがない

近年では高校、大学を卒業後定職につかず、フリーターとして生計を立てていく若者が増えています。
アルバイトは定職と比較して、仕事が自由にできる、人間関係で悩みにくい、嫌になったら職場をすぐに変えることができる、といった利点も多く存在します。
このような利点から、ストレスフリーであるため多くの若者に好まれやすいのです。
しかし欠点も存在します。
1つはボーナスがないこと。
ボーナスが出ないため、年収は定職者と比べると、大きく劣ります。
特に20代でならまだしも30~40代になるとその差は非常に大きくなります。
さらには定職に比べて雇用保障がありません。
時間給で働くため、契約期間も一か月から一年以上までさまざまです。
辞めやすい代わりに、クビにもなりやすいです。
また、退職金がもらえることも少なく、失業したらすぐに次のアルバイトを探さなければいけません。
また、20代半ばになると、社会的に良く思う人が少なく、親や親戚などから「早く定職に就きなさい」と言われ、肩身の狭い思いをすることがあるかもしれません。
フリーターで生活することが必ずしもいけないことではありません。
ミュージシャンやアイドルを目指す人には生計を立てるためにこのような形で生活をする人たちもいます。
夢を追いかけるにはこのようなステータスをとることも1つの手段です。
しかし自分たちのステータスをしっかりと把握しこれからの将来をどのように展望を行っていくのかをしっかりと考えて生計を立てる方法を考えることが必要でしょう。
もし、今アルバイトをしているところが正社員登用制度があるなら、それを利用して社員にしてもらうのもひとつの手でしょう。
一度、10年後の自分の想像して今何をするべきかを理解しましょう。
そういえば、そんなフリーターのために、とても参考になるサイトを発見しました。
ボーナスとフリーターのことについて書いてあるので、是非参考にしてください。
まずはこちらをチェック【フリーターがボーナスを貰うまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です